Copyright  ©  Kyushu University Urban Design Laboratory All Rights Reserved

September 13, 2019

Please reload

最新記事

都市計画セミナーin鹿児島・桜島

September 13, 2019

1/2
Please reload

特集記事

人口減少都市シンポジウム2018を開催します

May 23, 2018

 

人口減少都市シンポジウム2018
Shrinking Cities in Eastern Asia -東アジアの人口減少都市-

近年、アジアの各国でも人口減少都市が増加している。今回は日本・中国・韓国の人口減少都市にスポットをあて、今後の東アジアの人口減少都市における都市計画・都市デザインのあり方を議論します。
なお今回は、Design After Decline等の著者でマサチューセッツ工科大学(MIT)建築・都市計画学部で教鞭をとるBrent D. Ryan准教授を基調講演者に迎え、人口減少のアーバンデザインのあり方について講演頂きます。

■日時:2018年6月15日(金) 18:00 - 21:30(参加無料/申込推奨/当日参加可)※同時通訳有り
■場所:東京大学(本郷キャンパス)工学部1号館15号教室
■参加費:社会人1,500円/学生無料
■申込 ※申込頂いた方へ当日発表資料を配布します(事前申込を推奨します)。
Google Form:https://goo.gl/forms/SIZleWKSQUKX2mTI3  
メール  :urban.shrinkage@gmail.com
      (①お名前②所属③メールアドレスを明記のこと)

<プログラム> 
−−
はじめに:黒瀬 武史(九州大学大学院・准教授/当日司会)
趣旨説明:矢吹 剣一(東京大学大学院・特任研究員)

基調講演:「人口減少時代のアーバンデザイン」
     Brent D. Ryan(マサチューセッツ工科大学 准教授) 

各講演者からのプレゼンテーション
  ①中国:高 舒琦(清華大学・博士課程)  
  ②韓国:尹 喆載(慶北大学校 准教授)  
  ③日本:村山 顕人(東京大学大学院・准教授)

パネルディスカッション:上記の4名にコーディネーターが加わり議論します(コーディネーター黒瀬・矢吹)

主催:九州大学大学院 准教授 黒瀬武史 + 東京大学大学院 特任研究員 矢吹剣一
協力:東京大学大学院 工学系研究科 都市工学専攻 都市デザイン研究室・都市計画研究室
後援:大林財団

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square