新旧メンバーで大名まちあるき

先日、僕らB4の学生が先輩方に色々と教えていただきながら、メンバーみんなで街歩きをしました。今までプロジェクトに参加して以来リモートでの活動が多く、こうして先輩方と大名の街を散策する機会が無いままでしたので、改めて気づくことが多くありました。


そういった気づきの一部を簡単に紹介させていただきます。

【意外と奥まった空間にお店がある】

人が多く集まる道路に面した路面店が賑わう印象ですが、よくよく見てみると細まった路地の奥にも、ちょっと入ってみたくなるような雰囲気のお店がたくさんあります。


【通り抜けできる道が意外とある】

またあ、大名は街区が長く南北への移動が少し大変な形状になっていますが、中にはそうした街区を通りぬけて移動できるような場所もありました。


【駐車場が多い】

大名を街歩きするときにはなかなか印象に残らないかもしれないですが、人の活動がたくさん行われていることもあり、駐車場も多くあります。道が狭いのもあり、少し歩行者と車の関係が危うい印象もありました。


【住宅街】

大名といえば、天神に隣接する地域で飲み屋やアパレルなど商業店舗が多いですが、意外とマンションや住宅もあり、そういった人々の生活が感じられることも大名の魅力の一つなのだと思いました。


【ファサードの多様性】

商業店舗が多く並ぶため、すこしでも自分のお店をアピールするためか、それぞれの正面の店構え(ファサード)にたくさんのバリエーションがあります。個性的な魅力がたくさん感じられ、歩いているだけで楽しい気分になりますね。


このように大名には面白いところがたくさんあり、それらを改めて実感することができとても良い機会でした。わざわざ案内や説明頂いた先輩方、ありがとうございました!

今後のプロジェクト活動に活かしていきます!


特集記事
最新記事