大央×スピングラスアーキテクツ×九州大学
  • Lab Kurose

大名タイムトリップ


アパレルや飲食店が立ち並ぶ大名。

この街はかつてどんな姿をしていたのでしょうか??

古写真をもとに昔の姿を覗いてみましょう!!



1. 大名小学校前(昭和30年代)

現在FGNが位置する旧大名小学校の隣には旅館があったそうです。

多くの人が訪れた場所だったようです。





2. 西通り(昭和32年)

天神西通りの様子です。

今では中層のビルが立ち並び、ブランド店が多く位置するエリアとなっています。

昔と比べて雰囲気がかなり変化した道ですね!





3. 紺屋町周辺(年代不詳)

大名の中でも特に多くの人が訪れる紺屋町通りにゾウの姿が!

現在多くの人が訪れ、賑わいが絶えないこの通りにはこんな歴史があったんですね。





いかがだったでしょうか?

人々の紡いできた歴史が、今日の大名の魅力に繋がっていると感じますね。

ぜひ、今回紹介した写真と現在の姿を比べてみてください!




(写真提供:こおのカメラ)

6回の閲覧

九州大学|都市設計研究室

工学部 建築学科 / 大学院人間環境学府 都市共生デザイン専攻

Copyright  ©  Kyushu University Urban Design Laboratory All Rights Reserved