大央×スピングラスアーキテクツ×九州大学
  • Lab Kurose

ストリートフォト in 大名

この特集では、調査やまちあるきで撮影した大名の写真の中から、学生メンバーお気に入りの一枚と、その魅力を紹介していきたいと思います。


最初の一枚はこちら。



大名紺屋町通りから西小姓町通りに抜けるL字型の路地での一枚。


車の通れない私道であるこの路地。

晴れた日はいつも、路上に人やモノが溢れます。


左側には、レトロな雑貨や骨董品の揃う老舗。右側には、ハイセンスなセレクトショップやコーヒースタンドに、タイ料理店。


歴史を感じる店先の骨董品や、洗練された新しさを感じるセレクトショップの服と看板、のんびりと過ごすテラス席。


一見ちぐはぐな人たちやモノが、この小さな路地の中ではなぜか、ぴったりとフィットしたように混ざり合い、共生しているように感じられる。そんな心地の良い風景を納めた一枚です。



懐かしくレトロな雰囲気を残す老舗と、トレンドを発信する最新のショップが混ざり合う、と言われる大名ですが、そうしたお店がただバラバラに隣り合っているだけではないのが、大名の「魅力」の1つとなっているのかも知れません。

40回の閲覧

九州大学|都市設計研究室

工学部 建築学科 / 大学院人間環境学府 都市共生デザイン専攻

Copyright  ©  Kyushu University Urban Design Laboratory All Rights Reserved